アルカナ置き場
主にアルカナコレクションのブログパーツを置くブログになりそう…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブカレ・ひな祭りイベント♪
ウェブカレ・ひな祭りイベント、4カレコンプしました(・∀・)♪
先月PCの故障で豆まきイベントを見逃してしまったので、今回は何としても見たかったのです。(`・ω・´)

全ログをUpしましたのでネタバレおkの方は↓続きをどうぞ。

本当の平日の理由 2009/03/03 09:14
KoutarouHinamaturi.jpg
000 : 高宮鋼太郎 「佳」
001 : 佳 「あ、鋼太郎くん…」
002 : 高宮鋼太郎 「どうした、元気がないようだが」
003 : 佳 「今日、ひな祭りじゃないですか…」
004 : 高宮鋼太郎 「ああ」
005 : 佳 「…5月5日の子供の日って休みだよね」
006 : 高宮鋼太郎 「そうだな」
007 : 高宮鋼太郎 「…それがどうかしたか?」
008 : 佳 「どうして、ひな祭りって休日じゃないのかなぁって考えてたんです…」
009 : 高宮鋼太郎 「やれやれ…」
010 : 佳 「うう…」
011 : 高宮鋼太郎 「…江戸時代は休日だった」
012 : 佳 「ええっ、そうなんだ…?」
013 : 高宮鋼太郎 「ああ、それが明治に廃止されて現在に至る」
014 : 佳 「はぁ…」
015 : 高宮鋼太郎 「ちなみに、ひな祭りの季節は東北や北海道などではまだまだ気候が悪い。それが5月5日のこどもの日と違って祭日にならなかった最大の理由だと言われている」
016 : 佳 「へぇ…、やっぱり鋼太郎くんって、ものしりなんだね…」
017 : 高宮鋼太郎 「おだてても、何も出てこないぞ」
018 : 高宮鋼太郎 「おや…」
019 : 佳 「どうしたの?」
020 : 高宮鋼太郎 「ポケットの中にこんなものが入っていた」
021 : 佳 「これは…?」
022 : 高宮鋼太郎 「ドーナツ屋さんの食べ放題チケットだ」
023 : 高宮鋼太郎 「そうだな、これを君にやる」
024 : 佳 「えっ、いいの?」
025 : 高宮鋼太郎 「ああ。 今日はひな祭り、女子の祝日だ。 これで好きなものを食べるといい」
026 : 佳 「やった、ありがとう!」
027 : 佳 「あ、でも…」
028 : 高宮鋼太郎 「なんだ?」
029 : 佳 「えっと、鋼太郎くんは一緒に来ないのかな…っておもって」
030 : 高宮鋼太郎 「放課後は生徒会の予定が詰まっている」
031 : 佳 「あ、そうだよね…。 おしごとがんばって」
032 : 高宮鋼太郎 「…が、やはり付き合おう」
033 : 佳 「えっ」
034 : 高宮鋼太郎 「今日の仕事は大したことではない。 明日に回しても問題はないだろう」
035 : 佳(やったー! 鋼太郎くんと一緒だ!)
036 : 高宮鋼太郎 「そうか…ひな祭りが休みではない理由がひとつわかったような気がする」
037 : 佳 「えっ、何ですか?」
038 : 高宮鋼太郎 「平日だからこそ、普段通りに君に会えるってことだ…」
039 : 佳 「えっ…」
040 : 高宮鋼太郎 「…」
041 : 高宮鋼太郎 「ごほん…放課後、生徒会室の前まで来てくれたまえ」
042 : 佳 「はい、了解です!」
043 : ・・・


見る為に来るんだよ 2009/03/03 11:29
RyouHinamaturi.jpg
000 : 佳 「あ、花房くん」
001 : 花房諒 「よう」
002 : 佳 「さっきまでいなかったよね?」
003 : 花房諒 「ああ、いま来た」
004 : 佳 「もう、ちゃんと授業でたほうがいいよ」
005 : 花房諒 「別に授業出なくっても大丈夫だろ」
006 : 花房諒 「ほら、今日って本当は休みなんだからさ?」
007 : 佳 「え? 休み??」
008 : 花房諒 「ほら、ひな祭り」
009 : 佳 「あっ、そっか…」
010 : 花房諒 「…」
011 : 佳 「そっか今日って、来なくていい日だったんだ…」
012 : 花房諒 「ぷっ」
013 : 佳 「え!」
014 : 花房諒 「…信じたのか?」
015 : 佳 「あ…!」
016 : 佳 「…えっと、別に冗談につきあっただけだから!」
017 : 花房諒 「あー笑った笑った。 よし俺、帰るわ」
018 : 佳 「なんでそうなるのよ!?」
019 : 花房諒 「ん? おまえの顔みれたし、もう用ねーから」
020 : 佳 「えっ…」
021 : 花房諒 「じゃーな。 おさき」
022 : 佳 「あ、花房くん」
023 : 佳(花房くん、一体なにしに学校来てるんだろう…)
024 : ・・・


納得したよ 2009/03/03 20:23
TeppeiHinamaturi.jpg
000 : 佳 「高宮くん」
001 : 高宮鉄兵 「あ、佳ちゃん…」
002 : 佳 「あれ、どうしたの、なんか元気ないみたいだけど…」
003 : 高宮鉄兵 「佳ちゃん…」
004 : 佳 「うん?」
005 : 高宮鉄兵 「…今日って、ひなまつりだよね」
006 : 佳 「あ、うん、そうだね」
007 : 高宮鉄兵 「ね、男の子の5月5日は休みなのに、どうして今日は、学校あるのかな…」
008 : 佳 「あ、たしかに、そうだよね…」
009 : 高宮鉄兵 「なんか…なんか、ボク納得いかないよ…!」
010 : 佳 「うーん…」
011 : 高宮鉄兵 「…そうだ!」
012 : 佳 「えっ、どうしたの?」
013 : 高宮鉄兵 「学校、休もう…!」
014 : 佳 「えええっ、いまから??」
015 : 高宮鉄兵 「うん、学校休んで、それで、それで…ひなあられパーティするんだ」
016 : 佳 「ひなあられパーティ…。 楽しそうだけど、学校サボっちゃうのはダメだよ…」
017 : 高宮鉄兵 「そうだよね…」
018 : 佳 「それにほら、学校休まなくたって、ひなまつりのお祝いくらいできるじゃない」
019 : 高宮鉄兵 「ううん、たぶんそういう問題じゃなくて…」
020 : 高宮鉄兵 「…あ! そっか、そうなんだ」
021 : 佳 「えっ、どうしたの?」
022 : 高宮鉄兵 「ひな祭りの日が平日の理由…」
023 : 高宮鉄兵 「ひなまつりの日でも、ちゃんと学校で佳ちゃんに会えるように、ってことなんだよ!」
024 : 佳 「えっ」
025 : 高宮鉄兵 「だってほら、もし今日が休みだったら、せっかくのひなまつりでも、佳ちゃんと会えなかったかもしれないじゃん」
026 : 佳 「あ、そっか…」
027 : 高宮鉄兵 「うん。納得したよ。やっぱりひな祭りは休日じゃない方がいい!」
028 : 佳 「あはは、うん、そうかもしれないね」
029 : 高宮鉄兵 「うん!」
030 : 佳 「じゃあ今日は、学校おわってから、ひなあられパーティしよっか、私と」
031 : 高宮鉄兵 「え、ほんとに?」
032 : 佳 「うん! 甘酒とかも用意しよ!」
033 : 高宮鉄兵 「うん! 佳ちゃん、だいすき!」
034 : ・・・


もっと欲しいから 2009/03/03 20:12
KyouHinamaturi.jpg
000 : 佳 (あ、花房先生…給湯器の前で何してるんだろう?)
001 : 花房響 「おや、佳くん」
002 : 佳 「花房先生、なにしてるんですか?」
003 : 花房響 「ふふ、これ、なんだと思います?」
004 : 佳 「えっと…。 あ、なにか、いいにおいが…」
005 : 花房響 「はい、甘酒を用意していました」
006 : 佳 「え、甘酒?」
007 : 花房響 「はい。今日は桃の節句、ひなまつりですからね。 本来は白酒ですが、甘酒でも大丈夫なので」
008 : 佳 「あ、そっか! ひなまつり!」
009 : 花房響 「今日くらいはお茶のかわりに甘酒もいいかなと思いまして。 佳くんもいかがですか?」
010 : 佳 「え、私も、いいんですか?」
011 : 花房響 「ええ」
012 : 花房響 「はい、どうぞ。 では乾杯しましょうか」
013 : 佳 「え、あ、はい! じゃあ、カンパイ!」
014 : 花房響 「乾杯」
015 : ズズズ…
016 : 花房響 「…どうですか?」
017 : 佳 「おいしい…」
018 : 花房響 「そうですか、よかった」
019 : 花房響 「こんなものもありますよ、どうぞ」
020 : 佳 「わ、ひなあられ! おいしそう」
021 : ・ ・ ・ ・
022 : 花房響 「おや…もっと欲しそうな顔をしていますね」
023 : 佳 「えっ」
024 : 花房響 「いいですよ。 どうぞ、おかわりです」
025 : 佳 「わ、ありがとうございます」
026 : ・ ・ ・ ・
027 : 花房響 「佳くんの顔…」
028 : 佳 「かお…?」
029 : 花房響 「頬がほんのりと赤くなっていますよ」
030 : 佳 「やだ、ほんとですか? 恥ずかしい…」
031 : 花房響 「すこし…酔いましたか?」
032 : 佳 「あ、そうかも…」
033 : 花房響 「頬が赤くなった佳くんは…おひな様みたいですね」
034 : 佳 「わ…」
035 : 花房響 「でもね、佳くん」
036 : 佳 「はい」
037 : 花房響 「実はこの甘酒、アルコールが入らない製法で作ってあるのですよ」
038 : 佳 「え…」
039 : 花房響 「はい、だから酔うことはありません」
040 : 佳 「もう、花房先生のいじわる」
041 : 花房響 「本当のお酒は、二十歳になった後で、先生が思う存分飲ませてあげます」
042 : 佳 「わ、はい! たのしみ!」
043 : ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
mahalo.が
mahalo.がログしたの?
2009/03/05(木) 14:58:40 | URL | BlogPetの小蘭 [ 編集]
Mahaloが故
Mahaloが故障するの?
2009/03/05(木) 14:59:25 | URL | BlogPetのもあな [ 編集]
mahaloが故
mahaloが故障したの?
2009/03/05(木) 15:02:38 | URL | BlogPetのすてぃっち [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。